タミフルについて

タミフルインフルエンザの薬としてスイスのロシュ製薬会社で製造され、日本には中外製薬を通じて販売されています。

しかしマスコミでも多く報道されているように、タミフルを服用した子供たちの死亡事故が相次いで発生した結果、タミフルとの因果関係は明確にはなっていないものの、米食品医薬品局が日本での死亡事例を報告しています。

内容はタミフル服用後に心肺停止、意識障害、急性膵炎、肺炎などの例が報告されています。

しかしその他にもタミフルを服用した直後に異常行動をとり、マンションからの転落死や家の前の道路に飛び出しトラックにはねられ死亡するなどの、悲惨な事故が起こっていますが、タミフルを原因とて特定する化学的根拠は解明されていません。

もともとインフルエンザには突然死や異常言動、興奮、幻覚などの症状も報告されており、タミフル服用後に症状が出た場合、副作用との区別は難しいとされているようです。

現状でのタミフルの服用については、タミフルとインフルエンザの因果関係は解明されていないものの、10歳以上の子供は体力的にも大人に近く、異常行動を起した際には制御するのが大人でも困難なことから、タミフルの服用は成人もしくは10歳以下の子供とされているようです。

posted by ピータン1号 at 15:10 | タミフル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。