タミフルの効果と注意

タミフルはA型,B型インフルエンザ感染症治療薬として使われますが、インフルエンザの症状が出てから48時間以内にタミフルを服用しなければ効果が低いことと、C型インフルエンザや細菌性の風邪などにはタミフルは効果を発揮しません。
そのためにタミフルの服用に際しては、必ず病院で医師の検査に基づく診断により処方されますので、ドラッグストアーなどの一般の薬局でタミフルは販売されていません。

インフルエンザは感染力がありタミフル無しでは、子供や高齢者などの免疫力や体力の弱い人は、場合によっては死亡するケースもあるようですので、疑わしい症状が少しでもある場合は早めに医師の診察を受けお勧めします。

タミフル服用後に意識障害や異常行動などの副作用が報告されていますので、タミフルの使用には慎重に診察をした上でのものとなることは止むを得ないことでしょう。

しかしタミフルがインフルエンザA型,B型に有効な薬であることは間違いありませんので、あまりタミフルを警戒し過ぎるの必要もありません。
要はタミフルの使用には医師の診断と、注意事項を正しく守ることが大切です。

posted by ピータン1号 at 15:12 | タミフル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。